あか牛のプロフィール




  • あか牛は和牛の一種で、品種名を褐毛和種(あかげわしゅ)といい、古くは農耕、運搬など役用牛として日本各地に飼われていました。
  • 今日のあか牛は、私どもの食生活に欠かすことのできない牛肉を生産するための肉用牛に生まれかわっています。  
  • あか牛は性質がおとなしく、牧草などの粗飼料をよく食べ、太りがはやいために短期間に牛肉に仕上がります。
  • みどりの草原とあか牛は深い結びつきがあります。 あか牛のいる所に緑の草原があり、逆に荒れた原野には あか牛は帰ってきません。そう言う意味で、あか牛は自然を守り、 「環境にやさしい牛」そのものです。



あか牛は明治時代に
日本の牛と外国の牛(シンメタール種など)の交配で誕生しました。


あか牛は大変力持ちである為
長い間、農耕や運搬作業等の農作業に役立ってきました。


現在はおいしい牛肉を
生産する肉牛として、食べてもらっています。